足袋とは

足袋(たび)とは、日本固有の伝統的な衣類で、足に履く一種の下着である。




足袋は、木綿の布でできたものが一般的。




足袋は、日本の伝統的な履物である下駄・雪駄などを履く際に用いるため、




親指と人差し指の部分で袋が二つに分かれている(叉割れ)。




足袋は、丈夫な生地で作られた本体にゴム底を貼り付け、




直接屋外で履く事ができるようにした地下足袋(ぢかたび)と呼ばれる足袋もある。




現在、日本で生産されている足袋の約80%が埼玉県行田市で製造されているが、




17世紀の初期頃から藩財政を助けるための産業として足袋の生産が奨励されたことに起源をもつ。





Copyright (c) 足袋. All rights reserved.


足袋TOPへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33858793

この記事へのトラックバック

ファッションショー
Excerpt: 幼稚園の園服ができました!しーたんは今日1日で3回も着たり脱いだり…早く来い来
Weblog: マルレンジャァ☆
Tracked: 2007-02-17 15:20
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。