足袋の種類2

足袋の種類2



白足袋



白足袋は主として改まった服装の際や慶弔等の行事ごとの際に用いられる。



殊に儀式用・正装用というわけではないが、黒足袋色足袋が平服にしか合わせられないのに対し、



白足袋は平服から礼服まで広汎に着用することができる点に特色がある。



特に茶人や僧侶、能楽師、歌舞伎役者、芸人などはほとんどの場合白足袋をはいており、こうした人々を総称して「白足袋」と称するならいがある。




能舞台、所作板、弓道場などは白足袋着用でなければあがれないことが多く、



土俵上でも白足袋以外の着用は認められない。



これらの例からもわかるように、白足袋は清浄を示す象徴であり、ほかの足袋とは性格の異ったものとして扱われている。





Copyright (c) 足袋. All rights reserved.


足袋TOPへ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33928598

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。